金色への道

湘南のロード乗りの徒然

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

SUPACAZ FLY CAGE ANO スパカズの超軽量アルミ製ボトルケージかいいぞ!

f:id:maejii:20210313105218j:image

スパカズのボトルケージがなかなか良いです。

 

金属製なのに、カタログ値18gとカーボンにも勝る軽量性。

f:id:maejii:20210313105314j:image

実測も18g。

 

見た目もシンプル且つスタイリッシュ。

カラーも色々あります。

値段もカーボン性に比べれば手頃な2000円ほど。

 

SUPACAZ スパカズ FLY CAGE ANO フライ ケージ ANO ボトルケージ

 

オイルスリックとかのカラーが凝ったヤツは4000円くらいしてしまいますが。

 

SUPACAZ スパカズ FLY CAGE ANO Limited フライ ケージ アノ リミテッド ボトルケージ 限定

 


ボルトケージって地味なパーツですが、気にし出すとなかなかコレという物が無かったりします。

ロードバイクに乗り始めてからは、何となくの見た目でエリートのカスタムレースというボトルケージを使っていました。

このボトルケージは比較的柔軟な樹脂で出来ており、出し入れもし易く、良いボトルケージでした。

しかし色々(無駄な)知識がついてくると、その重さが気になってきてしまうのです。


(たかが40g軽くなったところで、速くなれねーだろ) 

とか遠くで聴こえそうですが


まぁそれで、カーボンのボトルケージなんかに手を出すのですが、カーボンのケージって柔軟性があまりなく、ボトルの出し入れがけっこう大変だったりするのです。

(また、無駄遣いかよ)

また、どこからか声が…

ボトルとの相性もあったりするし!


さておき、そこで、このスパカズのFLY CAGE ANO!

このボトルケージ、薄いアルミ製で割と簡単に手で曲げられます。

なので、ボトルの締め付け具合を自分で調整出来てしまうのです。

f:id:maejii:20210313110423j:image

ただ、あまり何度も曲げを繰り返すと折れる恐れもありますし、メーカー公式では無いので、この調整はあくまで自己責任です。

まぁ簡単には折れそうもないと思いますが。

 

このスパカズのボトルケージの気になる点はとしては2点。

ボトルの窪みに掛かる部分がないので、グラベルなどの荒れた道は苦手かも。

これまで普通に走っていて、ボトル類が飛び出してしまったことはありませんが、しっかりハマっている という感覚は薄いです。

もう一つはスタックハイトが低く、フレームに付属している通常のネジだと出っ張ってしまうため、ボトルケージに付属しているネジを使う必要があります。

f:id:maejii:20210313110554j:image f:id:maejii:20210313110640j:image
FLY CAGE ANO付属のネジ フレーム付属のネジ

もしくは、別途低頭ネジを用意して使うか。

ボトルケージを固定するネジは4mmの六角レンチを使用する事が多いのですが、このスパカズのケージ付属のネジは3mmの六角レンチを使用しなければなりません。

というように多少気にかかる部分もあるものの、ボトルケージとしては気に入っており、もう1年以上使用しています。

サイドから見た時のシンプルさも人気の理由です。

f:id:maejii:20210313105541j:image

 

価格もカーボン程ではなくとも、軽量性ではカーボンに勝るボトルケージ、

SUPACAZ FLY CAGE ANO
ヒルクライム好きとしてはこの軽量性は見逃せないです。

気になる方は以下からチェックしてみて下さいな〜