金色への道

湘南のロード乗りの徒然

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

新年早々クリートの寿命が来ました。シマノSPD-SLのクリート交換。

記事にするのが遅れましたが、2020年の外での走り始めを1月4日にしてきました。

神奈川の藤沢から静岡の伊東までの往復160km程。

LSDの強度で走りましたが、さすがに160km走るとそれなりに疲れますね。

さて、このライドの後半から、どうも左のクリートのハマりがイマイチに。

信号待ちの時に、クリートを見てみたら前部の黄色い部分が千切れかけていました。

というわけで新年早々クリートを交換。

このクリートは1年半ほどは使ったような気がするので、頑張ってくれました。

シマノのクリートは長持ちしますね。

以前、T社のペダルを使用していた事がありますが、クリート半年も持たなかった記憶があります。またペダル自体も脆く、カーボンプレートが割れたり、シャフトにガタが出たりと良い思い出がありません。

それに比べてシマノはペダルもクリートも頑丈です。
ペダルなんて買ってからほぼノーメンテ。たまに汚れを拭き、クランクへの取付けに緩みがないか確認するだけです。

 

さて、クリートを交換します。

交換前の状態。

f:id:maejii:20200114182139j:image

私は信号待ちで左足をつく事が多いので、良く外す左足側のクリートの方が消耗しています。


消耗したクリートを外す前にソールにマジックで印をつけます。

f:id:maejii:20200114182157j:image

 

写真の箇所以外にもクリートを囲む様にマジックで印を付けます。


言うまでもないかも知れませんが、この様に印などを付けておかないと、現在のクリート位置が分からなくなってしまうので、うっかり目印を付けずに外してはいけません。

 

印に合わせ新しいクリートを取付けます。

f:id:maejii:20200114182350j:image
新しいクリートを取り付ける際には、固着防止のため取付ボルトにグリスを塗布しておきます。


両足とも交換完了です。

f:id:maejii:20200114182354j:image

交換後に念のためローラーなどで軽く試走し、クリート位置に違和感がないか確認してみましたが、問題ありませんでした。

クリートを新しいすると、カッチリとした着脱感が気持ち良いです。

また、心なしかペダルの踏み心地も良いように感じます。

 

 

ASTUTE が生産停止

イタリアのサドルメーカーASTUTE (アスチュート)が経営難により、製品の生産が出来なくなってしまったようです。

 

www.vittoriajapan.co.jp

 

 

輸入代理店のVTJ (旧社名 ヴィットリアジャパン) から2019年の11月にインフォメーションが出ていましたが、私がそれを知ったのは数日前です。

ASTUTE はハンドメイドでサドルを作るイタリアの新興サドルメーカーで、そのデザインや乗り心地の良さで定評があり、UCI ワールドチームにも供給できるサドルを作っているメーカーでした。

私もそのデザイン性と乗り心地の良さに魅力され、過去に2年ほど使用していました。

スカイライトVTを1年半ほど使いへたりが出たため、その後スターライトを1年弱使いました。

f:id:maejii:20200110081203j:image

ASTUTEのサドルは、見てくれが非常に良いので、それだけで自転車がカッコよく見えテンションが上がりました。

また、サドル自体の造りも非常に精巧で、大手メーカーに有りがちな接着剤のはみ出しや接着不足などは無かった様に思います。

流石イタリアの職人が製造しているサドルだ!と感動した覚えがあります。

現在はプロロゴ ディメンションサドルがメインになっており、ASTUTEのサドルは使っていませんが、好きなサドルメーカーであったため、今回のニュースは非常に残念に感じつつ、サドル専業ではなかなか厳しい世の中なのかと感慨深くなってしまいました。

VTJのインフォメーションには事業再開に向け更生手続きを進めているとの事なので、いつになるのかは分かりませんが続報を待ちたいと思います。

ASTUTEのサドルは、市場に出ている分が無くなったら入手困難になる恐れがありますので、使用している方は早目に確保しておいた方が良いかもしれませんね。

 

シクロクロスの練習で(何度も)転び、ディレイラーハンガーを曲げたため、ディレイラーハンガーを調整

明けましておめでとうございます。
2020年最初のブログ更新になります。
無理のない範囲になってしまいますが、少しでも参考になったなぁと思われるよう、このブログを続けてゆきたいと思っております。

何卒、よろしくお願い申し上げます。


さて、今回はディレイラーハンガーの調整についてです。

 

ちょっと遅いですが、12月に入ってからシクロクロスの練習を開始しました。

久々にシクロクロスに乗り練習したら、ロードの感覚とだいぶ違い、荒れた道を走るのが怖くなっていました。

未舗装路を走ったり8の字の練習をしたりして次第に慣れてきましたが、やはり何度か転びました。

先日もちょっと派手に転びました。
スピードは出ていないの怪我は大したことないのですが、自転車を起こして乗ってみると、ギアがガチャガチャいってリアの変速が調子悪くなっていました。

これは恐らくディレイラーハンガーが曲がってしまったと思い、帰宅し確認すると明らかに曲がっていました。

しかし、その当日は時間が無かったため、後日ディレイラーハンガーを行いました。

先ずは状態の確認です。

f:id:maejii:20200104224052j:image


後ろから確認すると、目視でも簡単に分かる曲がり。

 

ディレイラーとチェーンを外してみました。

f:id:maejii:20200104224144j:image
写真でもはっきりと曲がりが確認できます。


ディレイラーハンガーの修正には専用の工具が必要です。

私が持っているのは、BLAND-XというWIGGLEやCRCが取り扱っているメーカーのディレイラーハンガー修正工具です。

f:id:maejii:20200104224221j:image

 

それほど、高価ではない割にはちゃんと使える物です。 

 

X-Tools - Pro ギアハンガー調整ツール

 

リアディレイラーをハンガーから取り外し、この工具を取り付けます。

f:id:maejii:20200104224517j:image


そしてホイールの上側に、工具の先端の棒を当てて、赤いゴムワッシャーをその印にします。

f:id:maejii:20200104224551j:image

次にこのゴムワッシャーの位置をずらさないようホイールの下側で、工具の先端の棒を当ててみます。

f:id:maejii:20200104224611j:image

内側と位置が全然違いますね。

もし、ハンガーが曲がっていないならば、上側、下側、右側、左側の位置でゴムワッシャーの位置と同じくらいになるのですが、この場合はかなりの曲がりが確認できます。

何度も転んでいるので、かなりの曲がりが出てしまっているようです。


というわけで、上下左右の4箇所で見て、先端の棒が同じくらいの出しろになるよう、工具に力を加えて曲がってしまったハンガーを修正して行きます。

一気に修正しようとはせず、少しずつ形を整え、上下左右を何度か見ながらの作業になります。

 


一応、修正が終わりました。

f:id:maejii:20200104224814j:image
これは上側で見た状態ですが、下側で見た状態や左右の状態も同じ程の出しろになっています。

 

ハンガーを後ろから見ると

f:id:maejii:20200104232816j:image

 

今回はチェーンの清掃もしたかったのでチェーンは外していますが、慣れればチェーンは外さずに、リアディレイラーをハンガーから外しチェーンにぶら下げた状態でも、作業はできます。


チェーンを取り付けた状態で修正前と修正後を比較するとだいぶ変わっているのが分かりますね。

f:id:maejii:20200104233219j:image

左が修正前、右が修正後です。

 

 

変速調整も行い動作はバッチリです。
シマノ105ですが、デュラにも負けない変速性能になりました。


ディレイラーハンガーというのは、転んだりぶつけたりしなくとも無理な変速をした場合などに力が加わり、曲がったり、折れたりしてしまう事があります。

リアの変速がイマイチで、調整しても良くならない時はディレイラーハンガーが曲がっている事が多いので、ある程度自分でメンテナンスする方は持っていた方が良いです。

ディレイラーハンガー修正工具は、しょっちゅう使う物ではありませんが、あると必ず役に立つので自分の買った工具の中でも、買って良かったなぁと思う工具の1つです。

 

Amazonなど国内でも同様な物が販売されていますので、気になった方はチェックしてみてください。