金色への道

湘南のロード乗りの徒然

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

最近の室内ローラートレーニングの傾向

基本土日休みの仕事なので、休みの日は外に乗りに行けますが、平日は自宅でローラーに乗ることが多いです。

最近はヒルクライムシーズンに向け、FTPを向上させるトレーニングとしてSSTでの20分走や30分走を行っています。

このトレーニングは、結構辛いですが、単調なトレーニングになり飽きやすいという側面もあります。

以前はZwiftを利用していたので、比較的飽きずに室内ローラーが出来ましたが、正直20分走や30分走などの基礎的なトレーニングを行うには、Zwiftは色々な事が出来すぎてしまうため、あまり向いていないように思います。

そのためもあり、現在はエリートのアプリ my E-training を使い室内ローラーを行なっています。

f:id:maejii:20190216220624p:plain

Elite のDiretoという自動負荷のスマートローラーを使っているのが宝の持ち腐れ感はありますが。(そのうちZwiftに復帰したいとの思いもあり)

エリートのアプリ my E-training は若干使いにくい部分もありますが、一応使えてはいます。

地図上から道をトレースし、その区間のシミュレーションもできます。

f:id:maejii:20190216221014p:plain

このような形でシミュレートでき画面上では地図上を自転車のアイコンがじわじわと動いて行きます。

Zwiftのような臨場感はなく非常に単調な画面のため、あまり使用していないのが正直なところです。

 

 

プログラムを作成してトレーニングすることも可能ですが、1セットの残り時間の表示が非常に分かり辛いです。

f:id:maejii:20190216220917p:plain

なので、あまり使用していません。

 

 

結局、パワーモードもしくはレベルモードを使い、その都度、レベルやパワーを調整しながらトレーニングしています。

f:id:maejii:20190216220815p:plain

パワーモードとは、指定したパワーをローラーの方で負荷を出してくれるモードで、自動負荷ローラーならではのモードです。

ケイデンスを上げようが下げようが、同じ出力値を要求されるので、パワーの維持に気を使わなくても良いのですが誤魔化しの効かないモードです。


レベルモードは、通常の固定ローラーと同じでレベルを上げればローラーの負荷が上がるというモードです。

タバタや30秒などの短いインターバルトレーニングを行うにはレベルモードの方が適しています。


このパワーモードかレベルモードを使い、iPad でAmazonプライムビデオを見ながらローラーを漕いでることが多いです。

しかし最近、約1ヶ月ぶりに3本ローラーに乗ってみたら、車体が前後に揺れてイマイチ安定しないペダリングになっていました。

パワーを出すため、グイグイ踏むペダリングになっていたようなので、回すペダリングを意識して修正しました。

やはり固定ローラーだけでなく、時たま3本ローラーも行った方が良いと感じます。

 


ちなみにAmazon Prime Video では、最近これを見ています。

www.magi-boys.com

戦国時代末に欧州に派遣された少年達の史実を基にした物語です。戦国の世とキリスト教イエズス会の混沌とした世界が描かれて非常に面白いです。

Amazon プライムで見れますので、気になる方は早めにチェックしてください。

 

池江璃花子選手 白血病を公表 復帰までの道のりは?

2019年2月12日、日本中に衝撃的なニュースが速報として流れました。

いや、世界中に衝撃を与えたと言っても過言ではないかもしれません。

女子競泳で最も注目されている池江璃花子選手が白血病を公表しました。

オーストラリアでの合宿中に体調不良で帰国し、国内で検査したところ白血病と診断されてたそうです。

池江選手は女子100メートル自由形、同100メートルバタフライなど個人5種目の日本記録を持ち、昨年のジャカルタ・アジア大会では6個の金メダルを獲得して最優秀選手に輝き、
2020年の東京オリンピックでも、金メダルの最有力候補として期待されていました。

その最中に、まさかの白血病という残酷な診断。

心中を察するに余りのあるものがあります。

 

才色兼備、しかもトップアスリートのという池江選手ですが、まだ18歳です。

大学進学を決め、これからという時にこの病気の公表は、応援するファンとしても、心苦しい物があります。

もちろん、一番辛いのは池江選手ご本人です。

選手として活躍し輝く姿を再び見たいですが、先ずは病気の治療を頑張って頂きたいです。


血液の癌と言われる白血病ですが、現在は、治療できる病気となっており、
若いアスリートでも、白血病からの治療を得て、復帰を果たしたアスリートがいます。

サッカーのアルビレックス新潟に所属するの早川史哉選手です。

早川選手は、アルビレックス新潟の下部組織出身の選手で、サッカー日本代表の南野選手に「俺より上手い」と言わしめた天才的な選手です。

2016年に白血病が発覚し、2017年に骨髄移植手術を行いました。

2018年にはアルビレックスのトップチーム復帰し、公式戦のピッチに立てるよう調整しているようです。

チームは病気発覚後も早川選手を見放すことはせず、2017年に治療に専念するため凍結としていた契約を、2018年には凍結の解除をし、その年の8月にはトップチームに合流させました。

周囲の応援と理解があってこその復帰かもしれませんが、大病を患い3年も経たずに復帰に漕ぎ着けた早川選手の努力も並大抵なことではなく、非常に辛かったにあったに違いありません。


池江選手は、1年半後に東京オリンピックという目標があったのでしょうが、一度忘れてじっくりと治療に専念して頂きたいのが1ファンとしての願いです。


アスリートというのは、じっとしていることが最も苦手な種族です。

トレーニングをしていないと罪悪感に苛まれます。

多少スポーツをやってた自分でさえ、怪我などで練習できないと、そう思う事がありました。

一流のトップアスリートとなれば、その様な思いも殊の外強いかもしれません。

それでも前を向いて治療に専念し頑張ってもらいたい。


頑張れ!池江選手!

アルビレックスの早川選手も頑張れ!

Wiggle返品のため海外発送 国際eパケットライトを使ってみた

先日、購入したWiggle の福袋。
バーゲン品ばかりの詰め合わせ。
しかもほぼ使わないものばかり。
まいりました。

 

www.maejii.com

 

 

返品できないかとWiggleで確認してみたら、返品不可とは書いていませんでした。

購入履歴から返品処理ができたので、返品する事にしました。

返送先はイギリスです。
一時、日本にも返品の窓口があったけど、現在は無いようですね。

返送方法は海外への国際便になるので、送料はそこそこかかります。

また宛名書きやインボイス作成があるため、ハードルは高いですよね。


調べところ、郵便局の国際eパケットという方法が、送料が安くしかもネットで予め宛名書きとインボイス作成ができるサービスがあり、便利そうだったので、使ってみました。

 

使用するには、国際郵便マイページサービスという以下のページから、IDを登録し、荷物に専用のパウチを取り寄せる必要があります。

www.int-mypage.post.japanpost.jp


登録してさっそくパウチを取り寄せてみました。

ネットから可能なので、気兼ねなくできます。ちなみにパウチは無料です。


1週間弱でパウチが届きました。

 

f:id:maejii:20190211175353j:image

 

 

国際eパケットにログインして、必要な書類を作成します。

 

f:id:maejii:20190211175716j:image

メインメニューの「オンラインシッピングツール」という所から、送り状を作成しました。

 

発送先を登録。
Wiggleに指定された住所を入力。

インボイスを作成。

インボイスは基本的にwiggle から送られてきた時に入っていた商品の明細を写して行きます。

f:id:maejii:20190211175902j:image

原産国はイギリスから来た物なので、ユナイテッドキングダムでいいはず。

価格は商品の明細の通りに記入。


という形で進めました。

そして印刷。

プリンターが必要ですね。

この書類をパウチに入れて荷物に貼ります。

 

書類は、

送り状

インボイス

引渡証

の3枚が出てきますので、全てパウチに入れ、封はせずにしておきます。

 

f:id:maejii:20190211180210j:image

そして郵便局で発送です。
持って行くのは面倒ですが仕方ありません。

郵便局の窓口で、国際eパケットライトであることを告げ、サイズと重さの確認をしてもらい、パウチの中の書類をチェックしてもらいました。

そして、中身の確認と危険物が入っていない事をチェックし署名。

送料を払い、発送手続きが完了しました。


荷物が届くまで2、3週間かかるらしいので、追跡をチェックしつつしばらく様子を見てみます。

ちゃんと返金されるだろうかぁ…