金色への道

湘南のロード乗りの徒然

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

Zwift 再開!早速グループライドやレースに参加してみた結果

昨年末より中断していたZwiftですが、11月末から再開しました。

消費税の増加もあり月額1650円と昨年課金を中断した時よりも値が上がっていますが、これからの冬場のトレーニングには最適と考え再課金しました、、、


早速、FTP 3.0倍前後で走るグループベースライドに参加してみましたが、音楽再生するためにスマートフォンを触ったりしていたら、開始後20分ほどで、集団から千切れてしまい、その後は一人旅に。

ヴァーチャルとは言え、グループライドでは集中しないとダメですね。

早々に反省しました。

 


その後日には、たまたま開催していたジロ・デ・カステリというイベントのステージ1,2,3と参加してみました。

 

参加するとカステリジャージが着用されます。

f:id:maejii:20191206180733j:image

 

ステージ1は、4kmほどの登りを二本含めたタイムトライアル。

タイムトライアルと言っても、出走者全員で一斉に走るのでほぼ通常のレースです。

スリップストリームが効かない使用なんですかね。
まだ仕様がイマイチ分かっていません。

レースは、開始後から必死に先頭集団に食らいつき、約160人の参加者の内、15番目でゴール。

 

 


ステージ2は10kmほどの比較的フラットなコースを4周回するレース。

f:id:maejii:20191206180909j:image

ジャージの色が先ほどとは変わりました。

 

先ほどのステージ1を行った4時間後のスタートだったため、このステージは、流す感じで走りました。

250名ほどの参加者で、3周目までは200位ほどの後方集団でのんびり。
強度で言うとLSDくらい。

残り7kmほどになった所でペースを上げ、FTPの120%ほど、いわゆるVO2MAXの強度で走る。

順位を上げるも結果は168位。


ステージ3に挑んだのは、ステージ1,2の翌日。

f:id:maejii:20191206181133j:image

ジャージの色はブラック。

 

ステージ3は7kmほどのヒルクライムを含む45kmのステージ。

脚も多少回復していたので、最初から先頭に付いて行くつもりでスタート。

最初の10分ほどは先頭集団の中で走れていましたが、この時すでに4.0W/kg。( W/kg ... W パワー/ kg 体重 )

このペースで1時間超は自分のFTPを考えるともたないのですが、何とか付いて行きました。

登りに入ると、ペースが上がり4.5W
/kgを前後の出力に。

自分としては、かなりキツイペースとなり先頭にはついて行けなくなり、徐々に順位を落としていきました。

ヒルクライムを登りきる辺りでは55位前後になっていました。

その時点で残りが30kmほど。

ヒルクライムで力を出したためか、パワーがあまり出ず、3.0W/kgほどで走り多少ですが、脚を回復させました。

その間に後続に追いつかれがちになり、徐々に順位を下げ70番台まで落ちました。

その後は多少回復した脚で順位を戻し、結果は288人中63位でゴール。

最後のスプリントで脚をつりそうになり、冬場ですか汗だくになりました。

 

ヴァーチャルのレースではありますが、競争相手が多数いて順位が表示されるため、ただの室内ローラー練では味わえない臨場感があり、この体験が実際のレースでも役に立った記憶があります。

しばらくZwift 内でのレースやグループライドに積極的に参加してゆきたいと思います。

冬場で寒くとも、ズイフトでは汗まみれになるまで追い込む事ができるので、辛いですが楽しい。

FTP 計測メニューもあるので、近々トライしてみようかと思います。

 

 

 

ディスクブレーキとリムブレーキの差を体感して驚いた

ロードバイクでもディスクブレーキが浸透してきており、レースやイベントでもディスクブレーキのロードをかなり見掛けるようになりました。

 

先日、観に行った宇都宮ジャパンカップでもバーレンメリダの選手たちも皆ディスクブレーキでした。

f:id:maejii:20191127182203j:image

 

また、一般の自転車乗りの間でも、ディスクブレーキのロードが普及し始めており、エンデューロレースではディスクの方も散見しており、私の周りの友人の間でも、ちらほらとディスクブレーキのロードが増えているように思います。

 

しかし、私は未だリムブレーキ。


先日、ディスクブレーキのロードを購入した友人と走りに行ったのですが、一緒に走っていて明らかな違いを感じました。

それは峠道の下りでのシチュエーションでした。

下りのカーブでのブレーキをかけるタイミングが全く違いました。

ディスクブレーキロードに乗る友人の後ろを走行していたのですが、その友人のブレーキをかけるタイミングに合わせると、自分のリムブレーキでは強めにブレーキを掛けなければならず、
突っ込みがちになってしまいました。

私のホイールはカーボンリムなので、アルミリムほどの制動性能はありませんが、ブレーキキャリパーはデュラエース(BR-9000)なのでそれなりにブレーキは効きます。

しかし、どうしても前を走る友人のタイミングにつられ、カーブの度に強いブレーキを掛けさせられてしまいました。

下りのカーブをスムーズかつ安全に走行するには、ディスクブレーキの友人のと制動力と安定性を頭に入れ、ブレーキを掛けるタイミングをより早めにしなければならないようです。

しかし、すぐには対応できず、カーブの度に前を走る友人につられてしまい強めのブレーキを掛け、突っ込みがちになってしました。

また早めにブレーキを掛けると前を走る友人との間が空いてしまい、距離を保つのに若干の苦労をしました。


正直、ここまで違うのか、と衝撃を受けました。

この差は、慣れとテクニックの面でカバーできない事もないかとは思いますが、私は下りはあまり得意でないので、現段階では無理しない方が良さそうです。

むしろ、下りに苦手意識があるからそこディスクブレーキロードを導入すべきかもしれませんね。

 

ディスクブレーキとリムブレーキではどの程度製動力に差があるのか。

海外の自転車チャンネル GCN で急制動での比較動画があります。

 

www.youtube.com

 

ミドルグレードと上位モデルとの差を比較した動画ですが、シマノ105のリムブレーキとデュラエースのディスクブレーキのモデルを比較しており、20:30あたりに急制動でのブレーキングを比較しています。


同じ場所で時速40km/hからの急制動でリムブレーキのミドルグレードでは7.0m

対してディスクブレーキのトップグレードでは6.3m

となっています。

 

やはりディスクブレーキの方が完全停止までの距離は短いです。

 

しかし、その後は0.7Mと思ったほど差は出ていません。

ミドルグレードのリムブレーキはアルミホイールなので、製動力もかなり高いのでしょう。

 

私は日頃のトレーニングやレースではカーボンリムのホイールを使っていますが、アルミリムのホイールをたまに使うと、その制動力の強さに驚かされたりします。

コントロール性だとディスクブレーキが圧倒的に優位ですが、リムブレーキの場合、アルミリムの制動力も侮れません。

リムブレーキの場合、雨天ならアルミリムのホイール、は間違いではないと思います。


雨天だろうが路面が悪かろうが、コントロール性を失わず、かつ強い製動力を少ない力で引き出せる油圧ディスクブレーキは、安全性の面で非常に優れていると思います。

正直、自分も早く導入したいところではあります。


シマノから機械式変速の油圧ディスクが出てミドルグレード以下でも発売されているので、これまでより油圧ディスクブレーキは比較的手軽になり、導入しやすくなったようですが、自分はどうもあのシマノの機械式油圧ディスクのレバーは見た目が好きになれません。

f:id:maejii:20191127182219j:image

リムブレーキモデルのレバーやDi2のレバーに比べて一回りも二回りもデカい。

カンパやスラムのように、シュッ としたデザインにならないものですかね。

 

 

Wiggle でタイヤ及びホイールのフラッシュセールで追加10%オフ & Vitus バイク 2020モデルも追加15%オフに

Black Friday で既にセールを行っているWiggeですが、

11/21からかなりお得なフラッシュセールが始まります。

 
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  ホイール10%オフ!フラッシュセール
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 
Wiggleでホイールの10%オフフラッシュセールを行います。
 
期間:11/21(木)17時~11/23(土)21時
コード:FLASHJP
フラッシュセール対象商品:https://www.wiggle.jp/japan-wt-flash-sale/ 
 
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  Vitus2020モデルバイク 更に15%オフ
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 
期間:11/21-12/6
コード:VITUS15
 
 

https://www.wiggle.jp/vitus-zx1-crx-etap-red-2020/

条件によっては、Sram Red eTap AXSしかもDTスイスホイール付きの完成車が50万を切る価格になりそうです。

 

Vitusのバイクのインプレ等の情報はあまりないのですが、良いという評判はあれど悪いという事は聞いた事がないので、非常に気になるところです。