金色への道

湘南のロード乗りの徒然

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フィッティングは一度受けただけではダメ? 2回目のRetul Fitを受けた結果…

スペシャライズドが提唱している自転車のフィッティングサービスがRetul Fitです。

 

私はRetulを2018年に受け、大きくポジションを見直すきっかけになりました。

そして、本年の2022年に4年ぶりに同じフィッターにお願いし再びRetul Fitを受けて来ました。

その結果…

 

再び大きくポジションが変わりました!

そして、フィットを受けた2週間後のズイフトレースでは推定FTPが3%ほど上昇しました!

(但し、その後コロナワクチン接種で調子を崩してしまい、FTPは下がってしまったが)

 

今回は再びのRetul Fitを受けてどう感じたかを書いていきます。

 

「目次」

 

サドル高の変遷


今回のフィッティングで大きく変わったのはサドルの高さになります。


サドル高の遍歴を書いてみます。

2018年にフィットを受ける前の
サドル高は680mmほど。

この高さは自分なりに色々と試行錯誤した自己流です。

そして一回目のRetulを受け導き出されたサドル高は655mm。

だいぶ低くなりました…。


それまでは骨盤を寝かせるような、いわゆるお辞儀乗り的な乗り方でした。

しかし、どうやらほとんど踏み足しか使えておらず、ハムストリングや臀筋などの筋肉があまり使えていいなかったようです。

その辺りの身体の後ろ側の筋肉を使えるように、その時の身体で使えるようポジション出した結果、サドル高が大きく下がりました。


そのフィッティングの後、若干の上下がありましたが、653mmほどでここ2年ほどは落ち着いていました。


そして今年の2022年に4年ぶりのRetülにて

導き出されたサドル高は677mm!

2cm以上サドル高が上昇する結果に。

正直、かなり驚きました。

 

なぜ2回目のRetul Fitを受けたか

 

Retul Fit を再び受けよう思ったきっかけは、新しいバイクのCanyon アルティメットに乗り出した事です。

f:id:maejii:20220502224343j:image

これまで乗っていたバイクのサドルポジションを当てはめようとしたのですが、何かしっくりと来ない。

ハンドルがステム一体型で調整が行い辛いのもありましたが、何だか脚回りも窮屈で上手く回せない、と言った状態になっていました。


自分の経験だけでは如何ともし難い…
と感じ、以前のRetul Fitの時にお世話になり、その後も色々とお付き合いのあるフィッターに連絡してフィットの予約をした次第です。

 

Retul Fitと特徴とフィッターについて


Retul Fitでは単に自転車のポジションを見るだけでなく、最初に身体の柔軟性や過去の怪我、スクワット時の膝の動きなど個人の身体の状態を把握した上で自転車のポジション造りを行います。

ポジション造りは専用のマシンを使い行います。

f:id:maejii:20220502223750j:image

これは乗ったままでもサドルのポジションを自在に動かせてしまうマシン。

サドル高だけでなくサドルの前後位置やステム長も可変でした。

f:id:maejii:20220502223807j:image

 

またRetulでは腕や足、膝などにセンサーを貼り付け、腕の角度や膝の動きのモーション数値化する事が出来ます。

 

途中で止まってクリート位置調整もしてもらい、気持ち良くペダルを回せるポジションをフィッターの経験を踏まえ探っていきます。

このフィッターの経験を織り込めると言うのが非常に重要。

自分1人でポジションを作るのとは、ここが大きく違います。

自分1人でポジションを見直そうとしても、これまでの基準から大きく外れたポジションを作る事はあまり出来ません。

何故ならそれが正解かどうか、分からないからです。

分からない状態で練習し乗り込む事は、怪我のリスクがある上、練習が無駄になってしまう事もあり、時間とお金の浪費になってしまう恐れもあります。

日頃フルタイムで働いているサラリーマンライダーにとっては、時間を無駄にしたり遠回りする事は、出来れば避けたいですよね。

人の身体は十人十色ですが、フィッターはこれまでの経験から、ライダーの志向や身体の状態を元に、ポジションの提案とそれに伴う調整をしてくれます。

なので、これまでのフィッティング件数が多いフィッターほど引き出しが多く、最適解を得られる可能性が高いのも事実です。

 

フィッティングの費用対効果と再フィッテング

 

フィッティングは、大体金額が3万円〜と、決して安くはない。

しかも一度ポジションが出たとしても、そのポジションは、その時の身体の状態から出た物なので、もしトレーニングで身体が鍛えられれば最適なポジションは変わります。

これはある意味良い事ではあるので、今回の自分の様に何となく違和感が出てきてしまったり、伸び悩みを感じてしまった時などは、再度のフィッティングの時期であると言えるかもしれません。

ポジションの模索し自分で試行錯誤するのも自転車の楽しみの1つではありますが、それには時間と金銭が必要となってくる事になり、ポジション沼にハマる恐れもあります。


要するにフィッティングは一度受けたら終わりではない

理想を言えば定期的にフィッティングを行いポジションを調整できたらこの上ないのですが、なかなか金銭的に踏ん切りつかないのが現実。

ロードバイクって、本当お金かかるなぁw

確かにお金はかかりますが、実績と経験あるフィッターにマンツーマンで、アドバイスしてもらい、ビシッとポジションを出してもらえるなら、しなくていい遠回りをせずに済みますので、結果的には出費は少ないのかもしれませんね。


私は今回は4年ぶりで2回目のフィッティングでしたが、もう一年ほど早く受けても良かったと思いました。

何故ならメインバイクであるGiant TCRはインテグラルシートポストであり、ポジションを出すため短くカットしています。

f:id:maejii:20220502225256j:image

しかし今回フィッティングを受け、新たに出されたポジションを再現しようとしましたが、スペーサーを限界まで入れてもサドル高が足りない。

そのためサドル自体のスタックハイトが高い物に交換しなければ、ポジションか出ないという状況になり新しいサドルを買うハメに…

また出費がw


ともあれ、新しいポジションでは窮屈さが無くなり、脚を大きく回すダイナミックなペダリングが出来るような感覚があり、以前よりも多くの筋肉を使えているように思います。

乗り込んでトレーニングを積めばもっとはっきりとした結果が出てくると信じたい!

 

ご紹介

 

最後にもう一つ。

信頼できるフィッターに出会う事も非常に重要です。

人として信頼できるのはもちろんですが、自転車についてのトレーニングや乗り方、整備面においても色々と話が出来るフィッターとの出会えると、自転車に乗る事自体も楽しくなりますね。

私は運良くその様なフィッターに出会え
て、イベント等でもお世話になっています。

因みに私がお世話になっているのは、こちらの三ツ星フィットサービスの渡邉フィッターです。

http://mitsuboshifs.com

mitsuboshifs.com


ポジションにお悩みの方、いらっしゃれば是非、上記のページから問い合わせて見てください。

 

今回は私が2回目のRetul Fitを受け、感じた事を書いてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

wiggleでのお買い物は下記をクリック!

ブログの運営にご協力を!