金色への道

湘南のロード乗りの徒然

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

富士山一周ライド

かねがね行いたいと思っていた富士山周りをぐるっと一周するライドを、この暑いなかやってきました。

以前もやった事はあるのですが、前回は山中湖まで車で行っての一周。

今回は地元湘南から自転車で出発し、自転車で湘南まで帰るという、全て自走でのライドです。

 

朝の涼しいうちにと、5時に茅ヶ崎のサザンビーチ近くのセブンイレブンを出発しました。

 

f:id:maejii:20190815092158j:image

国府津を過ぎた辺りの交差点。

晴天で目指す富士が遠くに見えます。

 

ルートは大井松田を目指し、国道246方面から静岡の小山町に入り、籠坂峠へ向かいました。

国道246は交通量が多かったり、途中自転車の通行できない区間もあるため、側道を多く使います。

慣れないと怖い道です。

小山町にはいり、あざみラインのある須走方面へ向かいます。

今回はあざみラインは登りませんが。

須走へ向かう道はダラダラと登りが続き、少しずつ体力を削られる感じ。

交通量は少ない訳ではありませんが、信号が少なく、トレーニングには持ってこいの場所です。

途中、雲行きが怪しくなってきたので須走のコンビニで休憩がてら、雨雲レーダーをチェックして、このまま続けるかルートを変更するか検討。

富士山の上の方では雨天だか、周辺は大丈夫そうだったので、続行することに。

ただし、午後になると富士吉田周辺で雨の予報だったので、早めに富士吉田を抜けなければならない。

この時点で時刻は8:30頃。

まだ全行程の1/3ほどなので無理しない程度に急ぎました。


須走からは籠坂峠を登ります。

曇りのため、暑さはさほどでもなく。なかなか気持ちよく登れました。

f:id:maejii:20190815092653j:image

 

籠坂峠を登り切り、富士吉田方面に向かっていたら雲が晴れてきました。

先程の心配は何だったのか、と思うほどの日差しが降り注ぐ。

 

とりあえず山中湖、富士吉田、鳴沢 と適度なアップダウンをこなし、富士の西側へ。

 

鳴沢のコンビニでドリンクを補充のため小休止。

 

近くの石材店でエライ物を発見

f:id:maejii:20190815094221j:image

おおっぴら過ぎるので、流石にボカシ入れました。

 

このあとは富士の西側を南下。

本栖湖方面ではなく、富士宮鳴沢線を南下しました。

牧場が多くあり、道も綺麗で信号も少なく楽しく走れました。

f:id:maejii:20190815092916j:image

 

途中、産廃業者の車に抜かれたら酷い臭いが…。

かなり前にその産廃車がいるのに悪臭がするので、暫し道を外れ距離を取りましたよ。

あんな車よく走らせられるなぁ。
正に走る公害。

そんな事もありましたが、とりあえず順調に富士の南側、国道469号線に入りました。

 

f:id:maejii:20190815093010j:image

道路が広く綺麗で走りやすい!

でも、ここからが辛かった…。

 

時刻は12時を過ぎ、天気は快晴という日差しが厳しい中、延々と続く登り坂。

斜度も10%前後で続く事も多く、スピードも上がらず。

休憩しようにもコンビニや食事処は無い。

さらに150kmほど走って来たので、尻が痛くサドルに座るのも辛い。

ダンシングするのも脚の疲労で辛い。

てな、状況でしたが、何とか裾野のファミリーマートに辿り着き休憩。

飲み物と食べ物を買いファミマ内のイートインスペースで、暫し放心状態でした。


ファミマで20分ほど休憩し生気を取り戻して出発。

お尻も脚も多少回復してました。
御殿場方面へ向かいます。


まともな昼メシを、食べていなかったため御殿場のかつ屋で遅い昼ごはん。

f:id:maejii:20190815093124j:image

安くて普通に美味い。

その後、小山町に戻り富士山一周を完了。

こんな感じのルートです。

f:id:maejii:20190815093247j:image

ここから246及びその側道を使い、神奈川に戻りました。


湘南茅ヶ崎のサザンビーチのセブンイレブンに戻ったのは17時前。

約12時間のライドでした。

距離は227km
獲得高度は2300m

と久々の200km超え及び獲得高度2000m超え。

流石に疲れました。

思ったのは、富士山周辺は走りやすい道が多くて羨ましい。

トレーニングするには絶好の地域だなぁ と思います。

湘南地域は信号が多く、交通量も多く、トレーニングライドをするにはヤビツとか箱根とか山を登る以外に選択肢がほぼ無いのが現状。

山登りは嫌いではないので、いいのですが。