金色への道

湘南のロード乗りの徒然

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ガーミン のサイクルコンピューターで実際のコースデータを再現する方法 後編

昨日の記事では、ガーミンコネクトにてコースのデータを作り、サイクルコンピューターへデータを送信するところまで記しました。

 

 

www.maejii.com

 

 

本日は、その続きです。

 

私の使っているのはガーミンEDGEの830の日本バージョンになります。

作成したデータでコースの負荷を再現するには、ガーミンEDGEシリーズの

520、530、820、830、1030

が必要です。

また、自動負荷機能の付いたスマートローラーが必要になりますのでご注意ください。

 

作成したデータのスタート方法

 

ローラー台に設置した自転車にガーミンEDGEを取付けスイッチを入れます。

ガーミンEDGEの設定としては、室内トレーニングモードにしておき、GPSをオフにしておく必要があります。

 

f:id:maejii:20200501235935j:plain 

画面はEDGE 830の物になります。

 

コースデータを開始する方法は、いくつか有り、「ナビゲーション」からでも「トレーニング」からでも開始できます。

 

今回は「ナビゲーション」から始める方法で解説してゆきます。

上記の写真の画面から「ナビゲーション」を選びます。

次に画面が切り替わりますので

「コース」→「保存済みコース」

と、選択します。

 

保存されているコースが表示されますので、再現したいルートを選択。

f:id:maejii:20200502101620j:plain

 

コースを選択すると

f:id:maejii:20200502101846j:plain

ここで「開始」を押せばスタートになりますが、「概要」「地図」などのデータも確認することができます。

f:id:maejii:20200502102044j:plain

 

左下の戻るボタン表示から、先ほどの「開始」の画面に戻ります。

戻って「開始」を押せばスタートなのですが、下記の写真のように

「コース開始地点へナビゲーションしますか?」ときかれます。

f:id:maejii:20200502102410j:plain

これは、自分が現在いる地点から開始地点までのナビゲーションを行うかどうか、という事なので「×」を選んでください。

するとコースが開始するのでペダルを回してトレーニングスタートになります。

 

間違えて右のチェックを押してしまってもGPSがオフの室内モードですので、その瞬間にスタート地点まで移動したことになり、選択したコースがスタートします。

 

f:id:maejii:20200502103021j:plain

 

スタートすると上記の写真の画面が表示でき、再現中の今の地点を確認できます。

 

また画面切り替えで走行中の詳細なデータも確認できます。

f:id:maejii:20200502103326j:plain

写真では下に「距離」「勾配」が表示されていますが、これもパワーや速度に切り替える事もできますので、ご自身の見たいデータに変更してみてください。

 

また左上と右下の数字をタッチすると、1マスあたりの表示距離及び高度を+ーによって変更できます。

 

あとは、頑張ってゴール地点までペダルを回すことになりますので、頑張ってください!

 

 

以上が、ガーミン のサイクルコンピューターで実際のコースデータを再現する方法 になります。

正直、見れるのがガーミンのサイコンの画面のみになるので、Zwiftのような臨場感はありません。

サイコンの画面と睨めっこをする修行のような感じですが、自分の目標となるコースのデータを使い、実走のシミュレートにより感覚を掴んでおく事には役立つかと思います。

 

みなさんも良ければ富士ヒルや乗鞍など、目標となりうる大会のコースを室内ローラーで再現してみてくださいな!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。