金色への道

湘南のロード乗りの徒然

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

TYREKEY タイヤの取り外し取り付けの救世主となるか タイヤキーを使ってみた

クリンチャータイヤの取り外しと取り付けが楽に出来ると話題になってる(?)新しい形のタイヤレバー 「TYREKEY」

どんなものかと買ってみました。

Amazonで送料含め2000円ほど。
タイヤレバー1本の価格としては高価格ですね。


2日ほどで届き、早速使用してみました。

f:id:maejii:20190226211345j:image

 

f:id:maejii:20190226211406j:image
この部分をリムとタイヤの間に押し込むのですが、肉厚があるためなかなか入りません。

ビートの硬いチューブレスタイヤのためか。

結局、普通のタイヤレバーで間を、広げタイヤキーを押し込む。

f:id:maejii:20190226211508j:image

確かに普通のタイヤレバーより大きいので力は入れやすいため、押し込んでしまえば、外しやすいような気もする。


今度は、チューブを入れクリンチャータイヤを嵌めてみました。

引っ掛けるようにやってました。

しかし、なかなかビートが持ち上げられません。

持ち上げようとしても、引っ掛かりがすぐ外れてしまいます。


すごく微妙。

結局、最後は通常通り指でビートを押し上げタイヤを嵌めてしまった。


補助的には使えるけど、タイヤ交換に慣れている人なら、手方が確実に早いなぁ、という感想。

 

…やり方が悪いのかと思い、この動画を見て再チャレンジしてみました。

 

www.youtube.com

 


今度はクリンチャータイヤを外すところかろチャレンジ。

さすがにクリンチャータイヤはチューブレスに比べビートが柔らかく、タイヤキーの先はすんなり入ります。

f:id:maejii:20190226231611j:image

ここからビートを外すのですが、動画の様にはいきません。

こじるようにして何とか外せました。
確かにタイヤキー1つだけでも何とか外せます。しかしやはり慣れは必要かも。


次はタイヤの取り付けです。

新しいタイヤ、コンチネンタル グランプリ4000sⅡ 25mmを取り付けます。

f:id:maejii:20190226231800j:image

因みに重量は220g。
カタログ値は225gより軽い。


コンチネンタルはビートが硬めらしいので、これでタイヤキーで上げられるか。

適当な所まで手で入れタイヤキーを使ってみました。

 

f:id:maejii:20190226231817j:image

しかし、やはりタイヤキーのカギ状の先はビートに引っ掛かりにくい。

ちょっと頑張って続けましたが、なかなか上がらない。


そこで、試しにいつも通り指でビートを上げてみると…

 

f:id:maejii:20190226231925j:image

すんなり嵌りました。

ハマった瞬間、笑ってしまいました。

 

結論としては、普通のタイヤレバーと手の方が早いし楽なため、タイヤキーは不要かなぁ。


もしかし慣れれば、早くなるかもしれないけど、タイヤ交換に慣れている人なら必要はないかと思います。

ビートの硬いチューブレスタイヤの取り付けと外しがスムーズに出来れば良いな と思って、タイヤキーを試してみましたが、正直あんまりでした。

私の使い方が下手なのかもしれまんが。

 

試してみたいという方は、以下に商品ページを貼っておきますので良ければ…

 

 

 

f:id:maejii:20190226231908j:image

 


取り付けたグランプリ4000S Ⅱ の幅の実測してみたところ26.0mm。
25mmのグランプリ4000S Ⅱ を使うのは初めてなので実走が楽しみです。