金色への道

湘南のロード乗りの徒然

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

約10万円で1200g代ホイールセット!? Prime Bike Components の新ホイールがヤバい!

WiggleとCRCで取り扱いのあるPrime Bike Components 。

低価格ながらも品質が良く、コスパ抜群のメーカーです。

Prime のディスクブレーキ用ロードホイールがモデルチェンジで一新されました。

その名もPrimavera 。

 

PrimaveraシリーズはPrimeのハイエンドコンポーネントの名称になりますが、その中のディスクブレーキ用ホイールが大きくブラッシュアップされました。

 

 

早速ですが、そのラインナップをみてみましょう。

 

Prime Primavera 32 Carbon Disc Wheelsetprimebikecomponents.com

 

こちらは最もリムハイトの低いモデル。

リムハイトは32mmと低めですが、リム幅が内幅23mm、外幅が30mmとかなりのワイドなリムとなっており、リムハイト以上の空力が期待できます。

またチューブレスレディのリムであり、写真を見る限り、フックレスではなそさうなのでクリンチャーとしても使用できそうです。

 

気になる重さですが、その前後セットでのカタログ重量は1272g!

ワイドリムで32mm高のホイールが1200g代の重量です。

非常に軽量。

 

そして驚くべきはその価格。

メーカーホームページでの価格は£899.99。

ポンド換算だと、1ポンド150〜160円で考えても14、5万円してしまう価格ですがWiggleで取り扱いがあり、なんとその価格が10万円をちょっとの価格!

https://www.wiggle.jp/prime-primavera-32-カーボンディスクホイールセット

 

2022年10月13日の価格で104,000円。

1272gのホイールセットが!ですよ!

謎の中華ホイールではなくWiggleの取り扱うメーカー品が、です。

凄いコストパフォーマンスですね〜。

 

 

 

Prime Primavera 44 Carbon Disc Wheelsetprimebikecomponents.com

 

 

こちらはミドルハイトでリム高44mmのホイールセット。

リムの内幅23mm、外幅が30mmのワイドリムと44mmのハイトは、空力の良さが期待できます。

基本的には先ほどの32mmのホイールからリムハイトが44mmに伸びた物と言っていいようです。

 

そしてこのホイールセットの重量は1378g。

ミドルハイトで1400g切りです。

チューブラーホイールに近いとは言えませんが、カーボンクリンチャーでこの重量はかなり軽量ですよね。

 

しかもこのホイールセットもメーカーホームページでの価格は£899.99ですが、Wiggleだと、

 

https://www.wiggle.jp/prime-primavera-44-カーボンディスクホイールセット

 

10万ちょっとで買えてしまいます。

 

円安と物価高で苦しみ給料が上がらない国である日本の味方ですね、Wiggle は。

 

 

Prime Primavera 56 Carbon Disc Wheelsetprimebikecomponents.com

 

 

 


続いてはリムハイトが56mmと迫力のエアロホイール。

やはりリムはワイドリムで、内幅23mm、外幅30mm。

 

そして前後セットでの重量は1482g!

56mmハイトでワイドリムなチューブレスレディカーボンクリンチャーエアロホイールが1500g切り。

 

でもって価格は同様の£899.99。

 

こちらはWiggleでは…

2022年10月13日現在ではホイールセットの在庫は確認できませんでしたが、フロントとリアが別々でならありました。

 

 

https://www.wiggle.jp/prime-primavera-56-カーボンディスクフロントホイール

フロントは52,000円。

 

https://www.wiggle.jp/prime-primavera-56-カーボンディスクリアホイール

リアは55,000円。

 

前後で107,000円ですが、ホイールのカタログスペックを考えてみれば激安ですよね。

大手メーカーの1/3、下手すれば1/4ほどの価格です。

 

 

紹介した3つのリムハイトのホイールセットの共通スペックですが、スポークはDTスイスのエアロスポークが使われております。

 

また、ハブはPrimeのオリジナルの物ですが、36Tのスターラチェットシステムのフリーハブが搭載されており、DTのOEM品なのではないかと考えられます。

 

以前のPrimeのカーボンホイールであるBlackEditionには、一般的な3点で掛かるフリーハブが使われていましたが、今回のPrimaveraホイールにはこのスターラチェットシステムが搭載されたハブが用いられており、最新の技術も貪欲に投入するというこの姿勢には脱帽もの。

 

全体の見てくれもシンプルで主張しないルックスもバイクの仕上がりを引き締めてくれそうです。

 

 

最後にPrimeのホイールについてですが、私は以前、BlackEditionの使っていた事があります。

 

www.maejii.com

 

 

28mmのローハイトのリムブレーキホイールでしたが、1300g代の重量とチューブレス対応で軽量で乗り心地も良く、そして反応も良いホイールで大きなトラブルもなく使用していました。

 

なので今回発売されたPrimaveraホイールの出来にも非常に期待しているところであります。

 

以前BlackEditionが発売された時は、早い段階で売り切れになった記憶がありますので、きになった方はお早めにチェックしてください。

 

 

WiggleにてPrime Primaveraを検索

 

 

CRCでprime primaveraを検索

 

追記

Primavera Discホイールの56mmハイトのセットが追加されています。

https://www.wiggle.jp/prime-primavera-56-カーボンディスクホイールセット

価格が115,000円と2022年11月16日の時点で他のハイトのホイールも若干値上げされています。