金色への道

湘南のロード乗りの徒然

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

プレミアムバイクインプレッション 2019 試乗記録④

令和元年5月6日に神宮外苑で行われた、プレミアムバイクインプレッション。
試乗したバイクについての記録の4回目。今回が最後になります。


Cervelo S5 DISC

f:id:maejii:20190530080427j:image

サーベロ の最新エアロロードバイク S5 。

エアロロードバイクの大本命。
DTスイスのホイールに、コンポネートはデュラエースDI2。
完成車価格で1,580,000円。
自転車の価格とは思えませんね…。

f:id:maejii:20190530080603j:image

サドルは、ショートノーズのプロロゴ ディメンションが装備されて、まるでTTバイクのようです。

 

f:id:maejii:20190530080643j:plain

ハンドルの二股に分かれたステム部分の異形さが際立っています。

 

正面から見ると…

f:id:maejii:20190530080511j:image

いかにも空力が高そうな印象です。
ハンドルから二股ステム部分、ヘッド、フォーク と線上に伸びる造形が非常に美しいです。

後方に見える、シートポスト、チューブ、ステーも空気抜けが非常に良さそうです。

正にエアロモンスターと言った外観。

 

ドキドキしながら乗ってみました。

漕ぎ出しは、少し重いかな という印象。

しかし、乗り心地も良く自然とタイヤが転がっていく印象。

サーベロのブースでサドル高を合わせて貰ったあと、見た目ではサドルとハンドルの落差が大きいかなぁ と思ったのですが、全く違和感なく、ハンドルもどこを持っても問題なし。

ただ、ダンシング時の横の剛性感が独特でした。

悪く言えば、振りが重く感じます。

良く言えば、粘りのある返しで、車体が戻ってくるような感覚。

軽量オールラウンダーフレームの様な、シャキシャキとしたダンシングは難しい気がしますが、この粘りのある剛性感と波長が合えば登りでも十分走れる様に感じました。

しかし、約1kmで途中信号もある試乗コースでは、そのエアロロードとしての巡行性を発揮しきれなかったです。

乗っていて気持ちいいけど、あと2,3kmは走りたかったなぁ。

そのため、150万円超の価値は分からなかったというのが、正直なところです。

 

 

自分的ベスト3

以上、4回に渡ったプレミアムバイクインプレッション2019の記事。

試乗した10台のうち、自分がもし購入するなら と考えた上での、ベスト3を記しておきます。


3位 RIEDLAY FENNIX DISC

f:id:maejii:20190518170558j:plain



リドレーのバイクの中ではエンデュランスカテゴリーに属しますが、重量面でも反応性でも十分にオールラウンダーとして活躍できるバイクでした。

また、価格面でも導入しやすい価格で
コストパフォーマンスも高い。

それでいて、カッコいい!

 

2位 COLNAGO V2-R DISC

f:id:maejii:20190521180028j:plain

コルナゴの最軽量オールラウンダー。
ディスクブレーキモデルですが、これならヒルクライムも十分に走れます。

反応性が群を抜いていました。

また乗っていて扱いやすく、乗り心地が良い。
これはエアロロードのコンセプトとも共通した印象です。

流石、歴史のあるメーカーであり、奇をてらっていない正に正統派と言えるフレーム造りを行なっている事を、短時間の試乗ながら感じる事ができました。


1位 GUERCOTTI EUREKA AIR DISC

f:id:maejii:20190524180234j:plain

私が今回の試乗会で乗ってみて1番驚いたのがこれ。

失礼ながら、当日まで試乗する予定はなく、取り扱っているミズタニ自転車さんのブースが比較的すいていたので空き時間潰しに乗ってみたバイクでした。

ところがどっこい!
踏んだ瞬間から サァー と転がりエアロロードのためか、そのまま気持ちよく進んで行きます。

ダンシングで横に振ってみても、リズムが取りやすく楽しく、程良い剛性感。

乗っていて非常に楽しかった。

フレーム重量が、カタログ上では1kgオーバーのため、ヒルクライムでは厳しいかもしれないけど、それでも乗ってみたいと思わせてくれるバイクでした。

 

以上、プレミアムバイクインプレッション2019の記録になります。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。