金色への道

湘南のロード乗りの徒然

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

AVIO PowerSense を買ってクランクに取付施工してみました。しかし…

以前、AVIO というメーカーのパワーメーターを紹介しました、

 

www.maejii.com

 


ステージスや4iiiiのような左クランク内側で計測するタイプのパワーメーターです。

このAVIO PowerSense は自分で取付が出来るというもので、その分安価になっている物です。

 

購入はAvioのホームページから出来ます。

www.avio.mobi


が、しかし…

イマイチ繋がり難くサーバーが落ちている事もあり、あまり使い易いホームページではありません。

全部英語だし。


私が購入したのは
プロバイクキットです。

www.probikekit.jp

www.probikekit.jp


ここで、安くなった時にクーポンを使い15500円ほどで購入しました。

(10%オフのクーポンコード「88ZI-R1」良ければお使いください。)

 

取付のためのフッティングキットというのもあるのですが、今回は購入せずにチャレンジしてみます。

 

届いた品はこちら

f:id:maejii:20200630221719j:image

青い箱を開けるとセンサーが。

f:id:maejii:20200630221742j:image


センサー単独での重量は11g と軽量です。

f:id:maejii:20200630221807j:image

 

クランクへの接着面には、薄いアルミニウムが張ってある感じで、ペコペコ凹むので、何となく頼りなく若干不安になりました。

f:id:maejii:20200630221837j:image

 

とりあえず、クランクにクランプで仮止めしてみた図。

f:id:maejii:20200630221918j:image

クランクは6800のアルテグラです。

 

 

さて、問題の接着について。

 

Avioには接着方法の公式動画があります。

youtu.be

 

そこでは接着に2液性のエポキシ接着剤を使用しているので、同じ様な物を用意してみました。

 

f:id:maejii:20200630230353j:image

セメダインのエポキシ接着剤です。

 

 

動画の様にサンドペーパーでクランクとセンサーの接着面を荒らし、エタノールで清掃した上で接着。

クランプで固定。

f:id:maejii:20200630230541j:image

このクランプはその昔ダイソーで買った物ですが、割としっかりと固定してくれます。

 

この状態で念のため丸3日放置してみました。



f:id:maejii:20200630231139j:image

確認したところ一応接着は出来ている様子だったので、自転車に組み付けて見たところ、パワーメーターとしてガーミン が認識してくれました!

ただ、表示されるパワーの数値がどうもズレている様に思いました。

調整用のアプリがあるのでインストールしてみたのですが、これがまた使い辛い。

f:id:maejii:20200630230709p:image

操作方法の説明などは無く、とりあえず弄ってみるしかありません。

 

 

AVIOのホームページや動画を調べ色々見ていると、発見しました。

f:id:maejii:20200630230749p:image
どうやら、クランクに10kgの負荷をかけて静止させた状態でキャリブレーションをしなければならない様です。

確かにセンサーを貼り付けるクランクの剛性や取付位置は人それぞれ異なるため、パワー計測の元になる歪みセンサーの感知具合について調整しなければいけません。

 

そのため標準調整としてキャリブレーションをしなければ、まともなパワーデータは取れないのも当然です。

 

以前Avioのフィッティングキットを見たとき、10kgのケトルベルもしくは水が10ℓ入るウォーターバッグが付属していたのですか、このためだったのか とようやく気が付きました。

 

しかし、今10kgのダンベル等は持っていません。

 

12kgのケトルベルならあるので、試しにこれを左クランクに吊るして、キャリブレーションを行なってみました。

 

因みにアプリの 10kg CALIB のボタンはFactory Resetのボタンを長押しすると、表示する様になります。

(当初これが分からなく非常に苦労しました。)

f:id:maejii:20200630230858p:image


とりあえず、12kgのケトルベルでキャリブレーションを設定してみた結果、誤差はあるものの、それらしいパワーの数字が出ました。

 

とりあえず一安心。

 

ここまで色々と苦労をしました。

日本や日本語での情報がほぼないので本当に大変。

なかなか一筋縄では行きません。

 

10kgの負荷を用意しキャリブレーションをやり直さなくてはなりませんが、ようやく仕組みが分かってきました。

 

しかし、問題はまだ続きます。

が、今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

また次回もお読み頂ければ幸いです。